『ゲティ家の身代金』(^^♪


 

junko京都北山の美容院Be-babaのオーナーのカミシマでっす!!

 

5/28(月) 休み

 

映画『ゲティ家の身代金』を観てきただよ

 

 

sssss.jpg

 

 

ssssss.jpg

 

大好きな巨匠監督のリドリー・スコットがメガホンを握った!

実際に1973年に起こった世界一有名な誘拐事件に基づく作品!!

 

去年の秋に観た『ブレードランナー 2049』も新しく、

その前も『エイリアン・コヴェナント』も観てる!

古くでは『ハンニバル』や『グラディエーター』、ちょっと前なら『オデッセイ』と

数えきれない程のヒット作品を手掛けてる大好きな監督なので、

ついつい観てしまうあは

 

 

2017年秋にハリウッドを揺るがせた相次ぐセクハラスキャンダル 

#MeToo『私(me)も(too)』の中、本作の動向に注目が集まった。

当初ゲティを演じる予定だったケヴィン・スペイシーが告発され、

リドリー・スコットは公開1か月前にも関わらず彼の出演シーンをすべてカット。

代役に(クリストファー・プラマー)を立てて再撮影を行うことを決めたのだ。すごい

 

総資産50億ドルを持つ世界一の億万長者の石油王、

ジャン・ポール・ゲティ。

 

sssssss.jpg

 

 

 

ss.jpg

 

 

ある日、彼の孫であるポールが誘拐され1700万ドルの身代金が要求される。

しかし“世界中の全ての金を手にした”大富豪でありながら、稀代の守銭奴であったゲティはその支払いを拒否。

とりあえず「ケチ」ショック

 

孫を誘拐されたゲティ翁の守銭奴ぶりは、キャラが立ちまくっていて見ものといえるだろう。

 

他人に電話を貸すのも惜しいと、私邸に公衆電話を設置するなんてのは序の口。

果ては身代金を息子に貸したことにし、金利を得ようともくろむなど、

度を超えた富裕層が繰り出すネジれた錬金哲学には

やっぱ大体世間では大金持ちってケチって言いますよね!

 

シーンの中で、ありすぎる程お金があるのに「どれだけあれば気が済むんですか?」に「もっと!」と答えてましたからムンクの叫び2

 

 

まぁとりあえず息子のポールを

 

s.jpg

 

 

ssss.jpg

 

誘拐犯から取り戻そうと

 

 

 

aaaaaa.jpg

 

 

 

頑張る母親のゲイル

 

aaaaa.jpg

 

 


aa.jpg

 

 

 

と、元CIAの交渉人フレッチャー

aaaaaaaaaaa.jpg

 

 

 

aaaaaaaaaa.jpg

 

一旦は逃げ出して助かるんだが

また見つかって戻されて、耳を切られて新聞社に送り付けたり

身代金を減額したりで・・・・

 

でも見てて思ったんだが、日本だと
もっともっと警察が国家の威信をかけて誘拐犯を捕まえるように努力するのに

イタリアの警察は甘いのか??

 

他人ごとの様にマスコミも身代金を払うのか?払わないのか?の騒ぎだけみたいな!

 

 

aaaaaaaaa.jpg

 

映画の冒頭のシーンでイタリア・ローマの街中のシーンが流れて、

そのまま「トレビの泉」に映るのも1973年の頃を再現してて良かったな〜ニコッ

 

 

※余談ですが、

街中を走ったり身代金のお金を積んで引き渡しに使う車が

(下の車の画像はオレンジだが、映画での車はグリーンです)

m.jpg

 

 

吾輩が20歳の時に乗ってたオフロードカー「FIAT 197」と全く一緒やった!!

ボディカラーまでグリーンで一緒やで〜〜!!

 

なんか、ちょっと嬉しくて感激しただよ ハッピー


 




calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories


もじでパーツ

もじでパーツ 2

selected entries

archives

profile

書いた記事数:645 最後に更新した日:2018/08/15

search this site.

others



2010 (C) copyright All reserved.be-baba
Site creation&developed by Yokoyama Kick / Illustration by Keiko Katsuyama